教会の日曜日

礼拝

教会の中心は日曜日の礼拝です。イエス・キリストが日曜日に復活されたことから、この日を「主日((しゅじつ)」と呼び、礼拝を献げるようになりました。

一週間の歩みを終えて、神さまの前に出て、讃美歌を歌い、聖書の言葉を聞き、祈る。主日礼拝は新しい一週間の新しい歩みを支える力の源です。

  • 礼拝では、聖書(新共同訳)と讃美歌を用います。お用いでない方は受付でお貸ししますので、ご安心ください。
  • 礼拝では、献金を献げます。会費ではなく、任意の感謝の献げものです。ご用意がなくても構いません。
  • 服装も自由です。どうぞお気兼ねなくいらしてください。

教会学校(きょうかいがっこう)

礼拝のあと、小グループに分かれて、ともに聖書を学びあうひとときを持っています。大人から子どもまで、それぞれのクラスがあり、担当の教会員がリードをしながら聖書を読み、感想を分かち合います。

(^ ^)お昼ごはんもあります

教会学校のあとに毎週、教会員手作りの昼食があります。男性たち、女性たち、中高生たちと、担当者によってメニューも変わります。思い思いに食卓を囲む交わりは、楽しいひと時です。ぜひどうぞ。

Q&A

クリスチャンでなくても礼拝に出席してもいいですか?
子どももいっしょに行ってもいいですか?
聖書には、何が書かれていますか?
カルトや異端が心配ですが・・・